葬儀の準備

喪主として葬儀を執り行う場合、葬儀屋さんとの打ち合わせが重要です。特に、自分達が行いたいと思っている葬儀のイメージをしっかりと伝える事で、葬儀屋さんとの意志疎通ができるともいえます。特に最近は葬儀のスタイルも多様化してきています。一般的な今まで通りの葬儀をする場合もありますが、少人数で家族だけで送りたいという人もいれば、家族葬といっても知人など親しい人は呼びたいなど、小規模で行うにしてもたくさんのプランがあります。自分達の行いたい葬儀の形や規模をしっかり伝える事が大切です。

そのためにも、まずはっきりさせておく必要があるのが葬儀の規模です。小規模で行う場合も家族だけの数人の事もあれば、親戚や知人を交える事もあります。相談する時点でその規模を確認して、僧侶の有無なども合わせて伝えるようにしましょう。また、従来のスタイルで葬儀や告別式を行う場合においても、想定される人数をだいたい決めてからプランを決める事が大切です。

特に個人がまだ現役で働いている場合などは、友人以外にも職場の方など多くの人の参列が考えられます。予想がつかないという場合も、会社の規模などを話す事でこちらの最適なプランを提案してくれるので、信頼できる葬儀屋さんを選んで一緒に葬儀の詳細を決めていく事が大切です。詳細が決まればあとは当日に向けて準備を進めていく事になりますが、全て終了した後に追加料金などがかからないか十分に配慮して、尚且つ予算を確認しておく事も重要です。納得のいく葬儀を行うためにも、十分な打ち合わせが大切です。