葬儀の初期段階 御搬送からご安置まで

葬儀屋さんが決まったらまずは病院へ故人をお迎えに行く事からはじまります。お迎えに行く時間帯が夜中で会っても、葬儀屋さんは24時間態勢で受付をしてくれるので、どんな時間であろうとも連絡を入れて迎えにきてもらう事ができます。その際、遺族が一人は付き添わないといけないため、特に喪主が遠方にいる場合は誰が一緒にいるのか、事前に打ち合わせを親族の間で行っておく事が大切です。

お迎えをしてその後ご遺体を安置する場所も重要となってきます。可能な場合は自宅にいったんお送りして、葬儀の前に斎場などに移す事になりますが、集合住宅の場合や自宅に十分なスペースが確保できない時などは、斎場に直接ご遺体を送迎する事もできます。その場合は、安置スペースの代金や遺族の寝泊まりができるのかなど細かいところまで確認しておく必要があるので、斎場を利用する場合はしっかりとした設備があるのかどうかを確認してから葬儀社を選ぶ事も、選択肢の一つとなります。
ご遺体を安置する時は、簡易的な仏具も設置してくれるので、事前に弔問に来られた方にお焼香をしてもらう事も可能です。自宅で安置する場合、自宅の仏具を利用する事もできますが、その点も葬儀社に確認を取りながら事前に準備が必要かどうかを確認して進めていくようにしましょう。

自宅や斎場に故人が戻ってきてからはその場に誰か付き添っておく必要があるので、その点も喪主を相談しながら可能なかぎり家族が付き添っておくようにします。葬儀や告別式が終わってしまうとすぐに火葬となります。それまでのわずかな時間を共に過ごしておくのは大切なことです。