一般的な葬儀の流れとは

一般的な葬儀の流れとは 突然の訃報に駆けつける際も、自分が喪主として葬儀を執り行う場合もいずれにしても、だいたいの葬儀の流れを知っておくことは大切です。取り仕切る場合も駆けつける場合も大まかな予想がつくため、適切な対応を慌てる事なく行う事ができます。

葬儀は故人との別れを行うための大切な儀式の一つです。病院でご臨終を迎えてから初七日までは喪主として行う事はかなり多く、まずは大切な葬儀屋さん選びからはじまります。この時会員になっている会社があればすぐに連絡をとって、これからの流れを確認する事もできますが、多くの場合特定の葬儀屋さんが決まっている事は少ないものです。そのため、臨終を迎えた病院からの紹介で葬儀会社を選んだという人が多くなっています。この段階で決まった会社があれば話もスムーズに進むので、最近ではあらかじめ会員登録して万が一に備える人も多くなっています。

一般的な流れとしては葬儀会社に連絡をして迎えにきてもらいます。ここまで特に、何時までに行ってくださいという病院の決まりがあるので、その時間を考慮して早めに決めて連絡を取る事が必要です。この時、自宅に戻れる場合は自宅までご遺体を送迎しますが、中には集合住宅や自宅の広さの関係でご自宅に運ぶ事ができないケースがあります。この場合は、直接葬祭場に運ぶ事ができるかどうかも含めて依頼する時に確認する事が大切です。その後、ご自宅または斎場でご安置となり、簡易的な仏具一式を準備してくれます。通夜や告別式に参列できない方が一足先にお別れに訪れる事もあるので、その時のためにご遺族は必ず一人はついているようにしましょう。

一段落つくと通夜と告別式の打ち合わせがはじまります。担当者とどのような予算や規模で葬儀を行いたいかを確認しあって、状況や希望に添った葬儀を検討する事が大切です。そうして迎えた通夜、告別式終了後には火葬と初七日が待っています。多くの場合、通夜と告別式を別々の日に設定して、2日間行いますが、最近は1日葬といって1日で全ての事を終了して火葬まで行う事もあります。その時の状況に合わせて選択する事が必要です。葬儀の流れを知っておくと、いざ喪主として自分が取り仕切る時も、参列者として参列する場合も、その後の流れに見当がつくため、落ち着いて判断することができます。また喪主の場合は、どういう風な葬儀にしたいかの参考になるので、知識として知っておくことが大切です。

最新ニュース